手法

FX 急落相場のトレードの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポチっと応援クリックを押してね➡
FX初心者ランキング  

 
 



8/1からの下落相場、
あなたはうまくトレードできましたか?


2019/08/05 21:30現在
ドル円で350pips、ポンド円では435pips下落したチャートになっています



USDJPY 日足チャート



こういう相場の後って


「これだけ下げているんだから
どこで売っても勝てたよねー」


とか


「あれで負ける人いるの?」


とか


「あんな相場で買いポジション持つ人いないでしょ?!」


なんて言われますが、、、


果たして本当にそうでしょうか?


ひとつ前の記事の「USDJPY 109円を突破 今後の予測」
今回の下落は予め予測していましたが


それでも
ここまで下げるのは誰にも分らなかったでしょうし


実際、
「これだけ下げたんだから、そろそろ上がるでしょ?!」と
反発狙いの買いエントリーをした方もいるはずで


そういう方は
思いっきり負けてるはずです


そう、
爆益の人達がいるということは
爆損して悲しんでいる人達がいるのです









では、「爆損」しない為にはどうすればいいのでしょうか?


いやいや、爆損しないどころか
爆益を上げる方法は?


この辺りについて
今日は記事を書いていきますので
参考になれば幸いです



まず急落したらすること


急落って
当たり前ですがいきなり来るよね 笑


こんな時は
慌ててはいけない!!


(むしろ、チャンス♪くらいの余裕な気持ちでいたい・・・)




トレーダーたるもの
メンタルが非常に大事、
感情に揺さぶられたトレードこそ無残なものはありません。。。


「慌ててエントリーしちゃった」
では、どうにもならないことがあります
(時には、一瞬で大損失を被ります)


チャートを開いて
「え?なにこれ?!めっちゃ下げてるじゃん!」を発見した時に
まずすることは


どれだけ急落しているのか?




まずは、
「本当に急落しているのか?」を冷静に確認することが大事だよ


長い陰線が1本出ているのを見て
「めちゃ下げてる!!」って思っても
実は大した下げではないことはよくあります 笑


■頭がぼけーっとしている時
■初心者のうちの、相場慣れしていない時期
■トレードしたくてウズウズしている時
■この後出かけなくては行けなくて、きちんとチャートを確認できていない時

などなど。。。


あなたも経験があるんじゃない?



あと気を付けないといけないのは
スマホトレーダーさんね!


最近はスマートフォンでトレードをされる方も
多いですが、


スマホで見るチャートというのは
縦長のチャートです


なので、表示できる時間足の数が少ない為
大した値動きでもないのに
かなりの下落に見えます


分かりやすいように
スマホとパソコンのチャートの画像を載せてみますね


スマートフォン チャート




PC チャート




ん?下げてるか 笑
まぁ、言いたいことは伝わりましたよね



持っているポジションを確認


もし買いポジションを持っていたら
含み益だったものが、含み損になっている可能性があります

それも
かなりの含み損に。。。





そうなると
人間というのは、冷静になれずに
慌てて変な行動をし始めます


例えば

①持っているポジションがかなりの含み損に!!

②持っているポジションを、何も確認せずに慌てて全部決済してしまう
こんなポジション見たくもない!消してしまえーえぃっ!!

③決済後に、戻しが入りレートが上昇(えぇぇーマジで?!

④今度は買いエントリーをする(こうなったら、買いで勝負だ!

⑤再びレートが下落。それも気持ちの良いほどに下落(ウソでしょ?ウソと言ってくれーーっ!)

⑥再び②に戻る


「往復ビンタ」
といいます 笑



その他のパターンでは・・・


①持っているポジションがかなりの含み損に!!

②どうしていいのか分からず、下げている途中で、さらに「買いエントリー」(いくらなんでも下がりすぎでしょ!

③再びレートが下落。それも気持ちの良いほどに下落
こんなに下げてるのに、まだ下げるの??


「ナンピン」
といいます 


この場合、かなりの確率で
含み損を拡大させまくります 笑



これを読んで、
「あ~分かる~!!」ってなったんじゃない?


誰でも一度は(一度どころかしょっちゅう?!)
経験があるかと思います


こういったどうしようもない状態に陥らないためにも
まずやるべきことが1つあります


「ポジションを追加で持つことは今はしない」


どういうことかというと

瞬時に、


「このまま下げそうだな」
と思えば、


買いポジションを決済して
売りエントリーをすればいいわけですが


急落時、買いポジションを持っている時は
なかなか
冷静な判断ができない状態にありますので


ひとまずは
深呼吸」です 笑


売りエントリーも買いエントリーも
考えなくてもいいです


ただ考えることは
「今持っている買いポジションを決済するのか、しないのか?」だけ




ポジションを持っていないのであれば・・・


やっぱり
ひとまずは
深呼吸」です 笑







もともとの損切位置がまだまだ先にあるのなら
許容範囲なので、また保有しておいてもいいでしょうし


裁量判断で
このままでは、絶対に損切にかかってしまうと思うのなら
傷口が小さいうちに決済しておくのがいいです



そのために必要なことが
「急落の理由を調べる」ということです


急落の理由を調べる




もし、急落の理由が
要人発言や指標の結果などにある、


つまり
「ファンダメンタルズ」要因の場合は


このまま
下がる可能性が高いです


なので、


もしかしたらそろそろ下げ止まるかも♡
なんて


自分勝手な
淡い恋心のような期待をせず


男前な決断をしましょう 笑


はい、そうです


「買いポジションを決済する」
です





そして、
もしメンタルが冷静であるのなら


決済後、
「売りエントリー」をしていきましょう



急落相場の値動きの特徴



それでは
急落相場の特徴というのは
あるのでしょうか?


答え・・・
「あります」


ストーンと落ちることも?



先ほど出てきたような
ファンダメンタルズが原因の急落の場合は


「戻しをつけずに」
陰線続きで下げることがよくあります


そして


ポジションの整理によって買いポジションの損切が発生



いきなりこんな急落が来るとは思っていなかった
買いポジションを持っていた人たちが


「慌てて決済」





「ロスカット」


される現象が
立て続けに起き


数分ごとに


■「逃げろー」(慌てて決済、「売り」)


■「うわぁー」(死亡、「売り」)


■「ギャー」(死亡、「売り」)





と、
レートがどんどん下げていく途中で


耳を澄ませていると



多くの買いポジションを持っていたトレーダーさんの
うめき声が聞こえてきます



新規の売りエントリーが集まってくる




そしてそれを見ていた
傍観者さんたちは


「おー、下げてきたぞ!
売りだ~売りだ~
祭りだ~祭りだ~わっしょいわっしょい♪」(新規売り)






新規で売りを仕掛けてきますので


さきほどの
買いトレーダーたちの「決済の売り」と
「新規の売り」が合わさり


さらにさらに
レートは
ジェットコースターのように下げ続けます






なので
基本的に


戻しが入らない
ことが多いです



本来


「戻しを待ってから、売りましょうね」

戻し売りをするのが理想なのですが・・・


こんな相場で
戻しを待っていたら


おいてかれるよ~ 笑



急落相場でのトレード方法



では、どんなトレードをしていけばいいのでしょうか?


それは
非常にシンプルです



急落相場での売りのやり方としては
色々あると思いますが


おススメなのは
以下の2つのトレード方法です


1.戻し売り
2.レンジ抜け&高値切り下げ&安値切り下げ



順番に解説していきますね


1.戻し売り



「あれ?さっき
戻しはこないことの方が多いって言ってたじゃん」


と聞こえてきそうですが 笑


まず最初は
どこまで下げるか分からないですし
1番安全・確実なこの


「戻し売り」を
やります


例えば
こんな場所↓




でも
こんなヒゲでとらえるのは
なかなか難しいですよね


そんな時は
重要な節目が近くに無いことを確認して
もう少し積極的にトレードをしてもいいかもしれません


手法は
相場によって使い分けてこそ生きてきます



2.レンジ抜け&高値切り下げ&安値切り下げ



「戻し」が来ない時は
高値の切り下げ、安値の切り下げを確認したら


売りです


「ダウ理論」ですね






まず、レンジが形成されるのを待ち、
形成されたらあとは売りの準備をして監視


その後、レンジを抜けて来たら、


高値と安値が切り下がり、
ダウントレンドが継続していることを確認し


最後に、
近くに意識される節目が無いかを確認したら
売りエントリーです


このチャートでも24pips下落しています


このようにレンジが長く形成されるときもあれば
短い時もあります


(単なる調整)


しかし、
なるべく、レンジの形成を待ってから入る方が
勝率が高くなりますので


是非
待ちたいところです


急落の後は、お決まりの・・・




急落の後は、戻しが必ず来ますので
モタモタせずに
潔く、エントリーするならしましょう


しない場合は
潔く、あきらめる


あやは
男前が好きだなー♪ 笑



エントリーする足は
1分足や5分足がおススメです



エントリーしたら
逆行されて損切なんていうのは悲しすぎます


そんな時に便利なのが
フィボナッチリトレースメントですね


どこまでの戻しが来るのかの
目安になります


まとめ




いかがでしたでしょうか?
トレードをしていると、急落に巻き込まれることがよくありますので


予め
こういった心構えをしておくと


逆に
利益に繋げることができますので
頑張ってみてね






あやのFXメルマガ

私のFX回顧録を交えながら、どうやったら勝てるようになるのか?を
実体験をもとにFXのコツやノウハウなどをシェアしています。


1日3分、気楽にまったり読んでもらえたらいいな♪
登録は下のお手紙画像をクリックして、登録フォームに入力後、送信ボタンを押してね

FX メルマガブログ



<FX動画> 「あやFX」

FXの動画も撮っていますので、良かったらみてね
   ↓↓↓ 







いつも応援ありがとうございます

何か参考になりましたら、下の応援ボタンをクリックお願いします。
   ↓↓↓ 
FX人気ランキング
FX初心者 ブログランキングへ








« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)