ダウ理論

ダウ理論 波形の書き方 1

ダウ理論 波形の書き方

ダウ理論について
メルマガ読者さんから質問を頂きました


お名前は
Eさん


Eさんは今年からあやメルマガを読み始めて下さっていて
現在、【あや環】に参加していらっしゃいます



【あや環】は
メルマガ読者さん限定の
招待状が届いた人だけが参加できる
水平線を使ったあや流 環境認識テクニックを学ぶ企画です



声の感じだと
20代後半から30代後半かな(合ってる?笑)
ハリのある、明るい声


コンサルの時に
お馬さんが好きと話してくれました


勉強会の時は
周りの空気を読んで
質問をしてくれてたね


さて
ダウ理論って
分かりやすい時と分かりにくい時ってあるよね


これを読んでくださっている貴方は
次のEさんの質問、答えられますか?


質問:
ダウ転換ポイントは
黄色ラインと青色ライン、どちらでしょうか?



Eさんは
今まで黄色ラインをダウ転換ポイントとしてみていたけど
青色ラインという人もいるのでどっちなのか知りたい


とのことです



では
ここから
あやの回答をしていくね



まず
ダウ転換点といっても
分からない人がいるかもね



ダウ転換点というのは


今まで買い目線だったけど売り目線に切り替える位置

売り目線から買い目線に切り替える位置


要するに

どこからトレンド転換したのか、その基準となったレート
です



伝わったかな?


順に解説していくので
読み終わったころには


✅ダウ転換点とはどこなのか?
✅上の質問の答えは青色ラインなのか黄色ラインなのか?


が分かるようになります


では
行きますねー


ダウ理論の波の大きさ



まず、ダウ理論って
一言で言っても


捉える波のサイズは人それぞれ
というのが大前提にあるの


大きな波で捉える人と
小さな波で捉える人がいる
ということ


波形の書き方が違うの


よく言う
「高値」とか「安値」といったものも

AさんとBさんって2人のトレーダーがいたら


Aさん「ここが高値だよね?」
Bさん「えっ?そこじゃないよ。隣のこっちでしょ」

なんて会話が
フツーにあります



ぷぷぷぷ(*^-^*)
ちょっとビックリだよね?



まぁでも
そんなものなんです



でね
じゃあどうすればいいの??


ってなりますよね

ダウ理論の波形の書き方を統一する方法


その場合の
対処法として


自分の中での定義づけをする



これが大切です



例えば
あやの波の捉え方は
ローソク足が2~3本以上で1つの波と捉える

というのがあります


画像をクリックすると大きくなります



詳しくは
メルマガの最初のダウ理論講座で
お話しているので動画を観てもらうと分かると思います


このように
自分の中での定義づけをしておいてほしいのです



他にもいくつか
ルールを決めています



ということでまずは
順番に
目線を追いかけていくね


波形の書き方 チャート例


まず、あやなら
こうやって波を見るよーというのを
お見せしますね


ここは細かい波だね
そして
ここは波が無いからこれで1つの大きな波で、、


はい、出来ました!
これ!!


ダウ理論の波の捉え方 あやバージョン




じゃーん!


どう?
貴方も一緒かな?


上のEさんが引いている白線とちょっと違うね


うーん
途中までは一緒だけど


Eさんチャート(バックが黒)の
青色ラインから違うかな



分かりやすいように
2つを並べてみますね





左側のEさんと右側のあやの
波の捉え方


画像をクリックして


四角で囲った部分を
よく見てもらうと


Eさんは波1本分で捉えているのに対し
あやはジグザグと細かく上下11本の線で捉えているよ


先ほどお伝えしたように
波の捉え方は人それぞれなので
どっちが正しいという事は無いけど、、、


でもやっぱり
Eさんのチャート





青色ラインや黄色ラインの話ではなくて
白色の波の取り方で


ちょっとおかしな点があるよ



貴方は
何か分かる?


この波の取り方は
マズいと思うの


答えを書こうと思ったけど
宿題にしちゃおう!





答えは次回の
記事に書くね



1週間以内に書くので
楽しみにしていてね


あっ
メルマガ読者さんには
ヒントを載せるので


答えが分かった人は
あやに返信してね!


読んでるだけじゃ
勝ち組になれないないよ


ダウ理論分からなくても
トレードで勝てるよって方も中にはいるかもですが

ダウ理論を知っていて損は無い
です


相場の読み方の基本は
ダウ理論から始まりますので。。。


どんなFX本にも
必ず載っています

そのくらい
大切なんです、ダウ理論



貴方にとって
「勝てるようになるヒントになるだろうな」
と思ったので


シェアしているんだよ🌸



「頭の中では分かっているんだけど
実際のチャート見たらよく分からん。。」

ってトレーダーから
脱出しようね



では
待ってるよー



p.s.
ごめんね
メルマガにヒントを書くの忘れて
そのまま送っちゃった❣

許して💦




メルマガ登録
まだならこちらからどうぞ~💕



こちらの記事の続きはこちら
 ↓  ↓  ↓
ダウ理論 波形の書き方の回答 (波形の書き方 2)







« »

コメント

  1. taka より:

    青色線だと思います。

    1. あや より:

      takaさん、こんにちは。
      回答ありがとうございます(*^-^*)

      青色線と黄色線
      どちらも回答者がいますね

      ちなみにtakaさんは
      何故、青色線だと思いますか?

      私の答えは、今夜続きの記事で公開しますね☆
      あ、今夜は「白い波の取り方のおかしな点」について考察記事です

      ダウ転換点については
      その後、書きますね(*^-^*)

  2. 阿部孝美 より:

    あやさん
    こんにちは

    阿部 です。

    今回のダウ理論の問題は自分にとっては
    未だ分かりにくいもんだいです。

    「ダウ転換点とは、今迄買い目線だったけど売り目線に切り替える位置や売り目線から買い目線に切り替える位置。要するに、どこからトレード転換したのかその基準となったレート」との事から、チャート上の12月から4月までのアップトレンドで黄色ラインをブレイクして、110.657あたりで売り目線に切り替えているので黄色ラインがダウ転換点と見て取れます。

    それから、チャート上の黄色ラインをブレイクした4月あたまあたりからダウントレンド青色ラインで買い目線に切り替えているので青色ラインもダウ転換点と見て取れるのではないでしょうか?

    1. あや より:

      阿部さん
      こんにちは

      阿部さんは黄色ラインがダウ転換点との判断ですね
      ここで売り目線に切り替える
      さらに、青色もダウ転換点と。メモメモ(*^-^*)

      私の回答も
      近いうちに載せますね

      今夜はまずその導入部分として
      「白い波の取り方のおかしな点」について考察記事を公開します☆彡

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)