手法

USDJPY 109円を突破 今後の予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポチっと応援クリックを押してね➡
FX初心者ランキング  

インジケータよりも頼りになる「コレ」


かねてから注目していた
USDJPYの109円ラインをいよいよ突破してきました


USDJPY 日足チャート




朝方のFOMCで上げてくるかなと思っていましたが
109円までは乗せずに、頭を抑えられて上ヒゲが出たので
今日はもう上げてこないのかなと思っていましたが


USDJPY 1時間足チャート




出ましたね!
大陽線♪



抜くとしたら大陽線なのは分かっていたので
ロングの準備をしていました


・・・あれ?
「抜くとしたら大陽線なのは分かっていた」って


「そんなわけないじゃん?」
「予知能力でもあるの?」


って思った人は
ちょっと危険です


こういう考えを持ってしまった方は、
今までずっと環境認識が大事だよとお話ししてきていますが
USDJPYで109円の水平線が引けていなかったということになります


「水平線なんて信用していない」
という方も中にはいらっしゃると思いますが
それでもやはり、


重要な節目


について
注目しておくのは
トレーダーとして必要なことです



私はまず、相場環境を見るために
週初めに、各監視通貨ペアの日足を見ています


そして、どの通貨ペアがやりやすいか?
つまり、


「値動きが分かりやすいか」、
「エントリーしたら利確しやすいか」を
ざーっと確認をします



ここで、
「ざーっと」と、書いたののは


私がトレードするのは、1分足、5分足の少しの値幅を狙いに行く
スキャルピングがメインだからです


少しの値幅を狙いに行くだけなので
多少日足と逆のトレンドであっても、抜ける♡と思えば
積極的にトレードしますので


日足に関しては
「ざーっと」の確認でいいのです


で、どうやって確認をしているのかというと
私が重要視している、


「水平線」


これを「さくっと」1~2本くらい引いていくんです



この時、すぐに引ける通貨ペアもあれば
「うーん。。。」と悩む通貨ペアもあります


悩む場合は
無理して引かないと決めているので


よっぽど大きな値動きが無い限りは
その通貨ペアではその週はトレードしないです



で、この日足の中でも分かりやすいなと思っていたのが
USDJPYの109円ラインです


しかし、
「私は109円じゃなくてここに引いてたよ」
という方もいらっしゃるかもしれません↓





このラインは確かに効いています





赤丸の部分で上からも、下からも、何度も
この水平線で反発しているからです


なので
このラインを引いていた方は素晴らしいと思います


ただ、このラインよりも意識されているのではないかなと思うラインが
109円ラインだったというだけです


どちらに引いていても
トレードとして実践で役に立つはずです


109円のラインは日足では大きく抜けているから
効いていないんじゃないかとも一見思いますが、

上のチャートから
半日ほどたったチャートはこちらです↓


USDJPY 日足チャート 2019/08/01 21:19




109円ラインまで戻ってきました
ちょうどメルマガを配信する予定が21:40なので
その少し前のチャートになります


この後24:00になって
一番右の足が確定した時にはどうなるかはわかりませんが、
おそらく109円ラインより下で確定するのではないかなと予測しています



理由は、109円ラインが非常に意識されていること
上ヒゲが形成されるのではないか


ここまで意識されているラインなので
当然抜くときは、大陽線になりますよね


なんでもかんでも
水平線を抜くときは大陽線・大陰線というわけでは
ないです


そしてもし、上ヒゲとなった場合は
これほど分かりやすいサインはないんじゃないかなと思っています


日足レベルでの長いヒゲは
大きな否定を表します


なので明日は一度
下げるのかなと思っていたら、、、


明日8/2はアメリカ 雇用統計がありますね



今日のFOMCに続き
明日も大きなファンダメンタルズ、、


雇用統計の結果次第では、
これまでの動きを無視する動きになるかもしれないですね♪


エントリーする前に何してる?




よく聞かれるのが、
「あやさんのトレードは難しいんでしょ?」


ということなんですが


そんなことないんです


色々注目する箇所、つまり
エントリー条件はおそらく他の方よりも多いですが


やっていることというのは、
こうやって
注目する節目を確認して


そこでの動向を監視してから


「買いなら、押し目買い」
「売りなら、戻り売り」



をしているだけです


とても
シンプルです


「勝っている人はとても複雑なトレードをしているんだろう」
だから「自分ももっと複雑なトレードをしなきゃいけないんだ」


と思っている方も多いようですが


複雑なトレードをしている人ほど
軸がなく、
勝てていない傾向にあります


相場は
とてもシンプルですし


シンプルなトレードの方が
再現性が高いです


私もインジケータを色々と試してきましたが
最終的には
水平線に落ち着きました



水平線だけでも勝てるという持論は
どんどん確信に変わってきています


複雑な相場は手を出さない


そうやって
負けトレードを避けることができ


最終的には
資金を守ることができます


私の中では
勝ちトレードよりも負けトレードの方が重要


だと思っています



複雑な相場かどうかを見極めるのは
シンプルに、「たった1~2本の水平線」だけで十分です



USDJPY その後のチャート 2019/08/02 6:00過ぎ




やはり、上ヒゲを作って
大きく下落しました


この下落に乗って
売りエントリーが出来たという報告メールも多数頂きましたが
おめでとうございます


USDJPY その後のチャート 2019/08/02 23:00頃




予想通り
翌日も、大きな下落となりました


ここでのトレードは
やりやすかったのではないでしょうか?




あやが伝えたかったことは
まずは、相場の環境を見ることが大事だよということであり


事前に、準備しておけば
負けが減らせる & 勝ちやすい場面が分かる


ということです


予知能力なんてなくても
難しくなくて
誰にでもできること


でも多くの方がこの準備をしないので
1割の勝ち組の餌食になってしまう



ここに気づいて
明日からでも取り組んでみてね♪








あやのFXメルマガ

私のFX回顧録を交えながら、どうやったら勝てるようになるのか?を
実体験をもとにFXのコツやノウハウなどをシェアしています。


1日3分、気楽にまったり読んでもらえたらいいな♪
登録は下のお手紙画像をクリックして、登録フォームに入力後、送信ボタンを押してね

FX メルマガブログ



<FX動画> 「あやFX」

FXの動画も撮っていますので、良かったらみてね
   ↓↓↓ 







いつも応援ありがとうございます

何か参考になりましたら、下の応援ボタンをクリックお願いします。
   ↓↓↓ 
FX人気ランキング
FX初心者 ブログランキングへ





« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. 牛パパ より:

    お世話になります。
    スキャルピングでの1分足の読み方を教えて下さい。

    1. あや より:

      牛パパさん

      コメントありがとうございます

      牛パパさんはスキャルピングなんですね
      1分足でも1時間足でもどれでも基本的なことは同じです

      基本的には1分足の用途というのは
      エントリータイミングを計る足という概念で
      決済は1分足で行う方もいれば、もっと大きな足で見る方もいらっしゃいます

      私の場合は、
      1分足でエントリーして、決済も1分足のエントリーの根拠が崩れた場所に損切位置、
      利確も1分足での波形(波のリズム)をもとに決めています

      小さな値幅をさくっと取りに行くイメージですね
      といいつつ、さくっとどころか、レンジに突入しての~んびりまったり決済なんてこともザラにあります 笑

  2. 山口 より:

    あや様
    流石ですね。上ヒゲつけて日足が確定して、次の日の今日、めちゃくちゃ下げてます!
    ということで僕もこの下げで頂きました。ありがとうございます!!

    1. あや より:

      山口さん

      コメントありがとうございます
      今日、下げるのはある程度読めていたと思いますので
      あとはエントリータイミングだけでしたね

      軸があれば
      どんなものでも構わないと思いますが
      それにはやはり「検証」が必要ですね

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)