資金管理

スイングトレードでのロットの決め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポチっと応援クリックを押してね➡
FX初心者ランキング  

 
 
先日のメルマガの
答え合わせをしたいと思います



…と
その前に!


まず初めに
あなたは国内業者、海外業者
どちらをお使いですか?


国内業者と海外業者の違いを軽くおさらい



国内業者


国内業者とは
GMOやDMMFXなどが有名です

DMMFX


追証はありますし、レバレッジがあまりかけられませんが
やはり国内は安心♪という方は多いですね


海外業者


一方、海外業者とは
XMやTitanFX、Axioryなどです

XM


「なんだか海外ってよく分からない」って方も多いと思いますが、
海外業者の1番のメリットは追証がないという部分ですね

ロスカットが間に合わず口座残高以上に損失を被っても、
口座残高以上に出た損失はFX業者が負担してくれますし
その他、レバレッジも高くできるので少額でも十分な利益を得ることができます(もちろん、損失も)


そして
ロット数の基準は 
実は、証券会社や口座によってバラバラなんです




国内業者では
1ロット=1万通貨

のところが多いですが



海外業者では
1ロット=10万通貨

のところが多いです



私の場合は海外業者(XMのZero口座)をメインで使っているので
1ロット=10万通貨ですね


業者によって違うので
あなたの口座の1ロットが何通貨なのか?

という事は、必ず確認しておいてくださいね

ロットを決める方法とは?



さて、本題に戻ります
メルマガで出題していたのは


「4時間足でトレードをする時
損切額が大きくなるため、怖くてエントリーできない」


読者さんからの
この悩みをどうすれば良いでしょうか?


というものでしたね






あなたは
答え、分かりましたか?



これ、実は
簡単に解決できます




たくさんの方が答えてくれたんだけど
1番多かったのが


「ロットを落とせば良い」
という答え




じゃじゃーん!!
正解です☆



でも、
もう一声、欲しかったな。。。



「どうやってロットを落とせばいいの?」



やみくもに



ただ小さくすれば
なんでもいいの??



「いつも2ロットでトレードしてるから、
じゃあ半分の1ロットでいっか!」

とか?



そんな感じで
いいのかな?



違うよね?



実際は、
(1)口座にあるお金
(2)損切幅
(3)許容損失額

から計算するよ



許容損失額というのは
自分で決めるもので

許容損失額=失っても許容できる金額


どのくらいまでだったら、負けても良いというのは
人によるよね


1億円持っている人は10万円失っても大したことないかもしれないけど
全財産が10万円の人が10万円失ったら卒倒しちゃうよね(笑)



この許容損失額というのは

口座資金の
5%までにしないとダメです


それより大きいと
すぐにお金溶けて無くなるよー 笑



よっぽど勝率が高い人は別だけど
負けることも考えないとね


連敗とかしちゃったら
どんどんお金減るし


そうなると
元のお金、取り戻すのとめちゃくちゃ大変だもん


おススメは2~3%



初心者の方は、もっと少なくても良いし
勝率が良い人はもう少し上げても良いです



例えば
あなたの口座資金が20万円だったすると、



まず最初に
20万円の2%がいくらなのかを考えます


2%=0.02なので


20万円×0.02=4,000円


3%にするなら
20万円×0.03=6,000円


1回のトレードで負けてしまった時
6,000円失ってしまっても問題無いなら3%



いやそれはちょっと痛いなという場合は
4,000円の2%で行きましょう



これで
あなたにちょうど良い許容損失ということで
決まりました




続いて
今度は損失幅の確認です


これは当たり前ですが
毎回のトレードで違ってきます


今回の例では
損切幅60pips
許容損失額は3%の6,000円で話を進めるね




例えば
1回のトレードの損切り幅が 60pips なら
60pips が 6,000円 になるように ロット数を決めます





60pips が 6,000円 という事は
100pips では 1万円 という事になります




100pips が 1万円 という事は 1万通貨です
なのでこの場合は 1万通貨でトレードすれば良いわけです




毎回損切り幅が違うので
常に損切り額が3%の額になるように

トレードごとにロット数を調整する必要があるね


分かりやすく言うと
損切幅が小さければロットは大きくなるし
損切額が多きければロットは小さくなります


なので、

4時間足でトレードするから損切額が大きくなるとか、
1分足でトレードするから損切額が少なく済むとか
そういうことは無いの


この考え方を
変動ロットと呼びます




4時間足でトレードするから損切が大きくなるから怖いってお便りくれた方は
おそらく毎回同じロットでトレードをする

固定ロット制
を採用しているんじゃないかな?



どちらにもメリットデメリット
ありますが、あやは変動ロットをおススメします


毎回計算するのが面倒なら
メルマガ特典でお渡ししているロット計算表をお使いください♪



ではまたね!



あやのFXメルマガ

私のFX回顧録を交えながら、どうやったら勝てるようになるのか?を
実体験をもとにFXのコツやノウハウなどをシェアしています。

また、検証の手順や、手法、資金管理、メンタル制御の仕方についても順番にお伝えしています。

セミナーや懇親会、イベントなどなど、読者さん同士の交流もありますので、
トレーダー仲間が欲しい方はどうぞ☆彡

メルマガ登録後、毎日届きます。
このメルマガを読んで頂ければFX塾なんて行かなくても無料できちんと基礎から学ぶことができます☆


登録は下のお手紙画像をクリックして、登録フォームに入力後、送信ボタンを押してください。すぐに1通目のメルマガが届きます。







<FX動画> 「あやFX」

FXの動画も撮っていますので、良かったらみてね
   ↓↓↓ 







いつも応援ありがとうございます

何か参考になりましたら、下の応援ボタンをクリックお願いします。
   ↓↓↓ 
FX人気ランキング
FX初心者 ブログランキングへ








« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)