【あや流相場分析】企画 「ダウ理論」講座

ポチっと応援クリックを押してね➡
FX初心者ランキング  

 
 

【あや流相場分析】企画 ダウ理論


さて、今日はダウ理論を攻略していきましょう
まずはじめに、ダウ理論を知らないとFXの世界では勝つことは難しいです


色々なインジケーターを使っているトレーダーがいますが
今それで勝てていないなら


それらを全て消して、
ダウ理論だけでトレードした方が勝てます



そのくらい、ダウ理論は最重要項目としてとらえてくださいね



トレンド相場とレンジ相場
アップトレンドとダウントレンドの簡単な見分け方をお話ししましたが、
今日はこのダウ理論を使って説明します


難しくないので
すぐに分かるかと思います

<<ダウ理論によるトレンド定義>>

「連続する高値、安値の各々が、
その前の高値、安値より上である限り、アップトレンド」

※ダウントレンドはその逆です

分かりにくいと思った方は
もう少しかみ砕いて書いてみますね

アップトレンド=連続して安値と高値が切り上がる
ダウントレンド=連続して安値と高値が切り下がる



いかがでしょうか?
分かりやすくなりましたね


図にしてみるとこんな感じです

アップトレンド


アップトレンド


ダウントレンド


ダウントレンド


それ以外はレンジ



高値も安値もぐちゃぐちゃな時というのも存在します
それらは全て、レンジです
相場の動きが読めず不明確

どの段階でアップトレンド・ダウントレンドとみなすのか?

これは
高値が2つ、安値が2つ
揃ったら、トレンドができたとみなします


下の図を見てください
この段階では高値が2つ出来上がっていないので
まだアップトレンドとは言えません


ダウントレンドの中でこれができた場合は、
「ダウントレンド中のレンジ」と言えます

まだ

下図のように高値を2つ安値を2つ作った時にようやく
アップトレンドが完成となります


アップトレンド完成


ダウ理論をどうやって実践で生かすのか?


ここまでのトレンドの定義の部分は
ざっくりといきましたが、
ここからが重要です


まず、
トレードの仕方というのは2つしかありません


手法の数というのは
無数にあるのにも関わらずです


勝ち組トレーダーが使っている手法も
負け組トレーダーが使っている手法も
このどちらかでしかありません


それは、


①トレンドフォロー手法
②逆張り手法



この2つです
ちょっとびっくりですよね


それぞれの特徴としては


①トレンドフォロー手法
→トレンドの方向へエントリーをする


②逆張り手法
→トレンドと逆の方向へエントリーをする



何度も
「トレンド」「トレンド」と出てきていますが
これらの「トレンドって何?」というところが気になりますよね


ここで、今回のダウ理論というのが
出てきます


連続して安値と高値が切り上がっている時に
買いエントリーで狙うのがトレンドフォロー手法



そして
トレンドフォロー手法と逆張り手法、
どっちが勝ちやすいの?というと圧倒的に
トレンドフォロー手法です
王道中の王道ですね


なぜ
勝ちやすいのかというと、ダウ理論でいうと
「トレンドは一度出ると継続しやすい」からです


もちろん
人によりけり、環境認識力によりけりなところは
言うまでもありません


ということで
トレンドフォローに焦点を絞って
お話をしていきます


トレンドフォローが向いている相場



まず、トレンド相場といっても
いろいろあるので、
勝ちやすい相場のパターンをみつけましょう


それはズバリ!こちらです


トレンドとボラが適度に出ている時



「適度に出ている」というところがポイントです


例えば急騰している時などは
高値安値がいくら2つ以上あったとしても、
トレンドはすぐに終わってしまうことが多いのです


しかも下落の仕方も上昇と同じで
急落するパターンが多いです
重要なので今ここで覚えてくださいね


急騰と急落はセット



逆に、弱いトレンドは
すぐにトレンド転換をして逆側のトレンドに変わってしまったりと
継続性が弱いです


理想的なトレンドとは
ゆるやかな上昇(ゆるやかな下降)
これが狙いやすいでしょう


そして、ボラについても
注意するべきポイントです


ボラとは
値動きの幅(価格変動率)のこと


分かりやすく言うと


上下に50ピプス、ブンブン行ったり来たりする相場と
上下に10ピプスをゆっくり行ったり来たりする相場があるとするのなら
前者が、ボラが高い、後者がボラが低いということになります


これは言うまでもなく
ボラの低いほうが負けにくいです


ボラが高い場合、
「アップトレンドだ!」と言って、買いエントリーしたはいいけれど
大きな下落で損切りに遭った後、

再び上昇していく(つまりはアップトレンドには変わりない)
ことなどが想定されるのです


相場にもよりますが
一般的に、ボラが高い通貨ペアとボラが低い通貨ペアがありますので
ここに載せておきますね


ボラが高い傾向にある→GBP系、EUR系
ボラが低い傾向にある→USDJPY、EURUSD



なので初心者のうちは
USDJPYやEURUSDなど、ボラが低いものがトレードしやすく
お勧めです



そして時間帯によっても
ボラの特徴があります


■アジア時間(特に9:00-15:00)
レンジになりやすい
ボラが低くなりやすい


■欧州時間&NY時間(特に15:00-1:00くらい)
トレンドが出やすい
適度なボラが出やすい


※夏時間と冬時間によって1時間ずれがあります



ここまでで
ボラが高い、低いとお伝えしてきていますが、


簡単な目安をお伝えしておきますね



ボラが高過ぎる時
■ローソク足が上下に大きく動く
■ローソク足1本1本が大きい
■ボリンジャーバンドの±2σを往復するイメージ
■ボリンジャーバンドがエクスパンション
■±3σの幅が広い
■トレードの難易度が高くなるので、上級者向け


適度なボラが出ている時
■MAや±1σなどがサポートやレジスタンスになって反発している
■各押し目戻り目で綺麗に水平線やトレンドラインが引ける
■素直な値動きでだましなどが少なく、値動きを読みやすいのでトレードしやすい


ボラが低い時
■ローソク足があまり動かない
■ローソク足1本1本が小さい
■ボリンジャーバンドがスクイーズ
■±3σの幅が狭い
■効率が悪く、トレードに不向き



では、ここまでの
おさらいです


次の5つのチャートのうち
トレンドフォローで狙いやすいのはどれでしょうか?

※ボリンジャーバンドは考慮せずにお考え下さい



SnapCrab_NoName_2017-2-13_13-7-59_No-00.png


SnapCrab_NoName_2017-2-13_13-8-45_No-00.png



SnapCrab_NoName_2017-2-13_13-9-20_No-00.png



SnapCrab_NoName_2017-2-13_13-9-40_No-00.png



SnapCrab_NoName_2017-2-13_13-11-30_No-00.png


自分で考えてみてください
(下にスクロールすると答えが出ます)



















はい、
では行きますね


上の5つのチャートでは、


①②⑤がトレンドもボラも適度に出ていて
狙いやすいアップトレンドのパターンですね


逆に
③④はボラが大きすぎて
狙いにくいですので、こういうチャートの時は
無視して、違う通貨ペアを探すのが賢明と考えます


押し目がどこまで来ているのか?を見て頂くと
分かりやすいのではないでしょうか?


トレンドはいつ終わるのか?


トレンドも分かったし
狙うべきトレンドパターンも分かったけど


じゃあ、
「アップトレンドならずっと買いエントリーをしていくの?」



という疑問が湧きますよね


そこで先ほどのからの
ダウ理論を引っ張り出していきますと。。。


トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する


と書かれています


ここから2つのことが読み取れます


①トレンドは基本的に続くもの
②明確なシグナルが出るまではトレンドに乗っかってトレードをすればよい


簡単にいうと
こういうことですね


トレンドが続くのは分かったけど、
明確なシグナルってどこ?
ってなりますよね


それは



<<明確なシグナル>>
◇アップトレンドの場合→最高値を作った押し安値を割った時
◇ダウントレンドの場合→最安値を作った戻り高値を割った時


分かりやすいようにまた
図で書いてみますね


シグナル


最高値を作った押し目のレート、赤い線よりも上にレートがある時は
上目線で


そのラインを下に割ってきたら
上目線が崩れるということです


なので戦略としては、
赤い線よりレートが上にいるかぎり、アップトレンドなので
基本的には買いを狙っていくということですね


チャートでは見つけられないといけないので
「明確なシグナル5連発」をチャートで載せておきます


「①最高値と②最高値を付けた押し安値」と
「①最安値と②最安値を付けた戻り高値」を
ぜひ、指で確認しながらみてください


1_20170213213358be3.png


2_20170213213356c19.png


3_2017021321335514d.png


4_20170213213353475.png


5_20170213213352955.png

理解できましたか?



概略図だけを覚えても実際の相場では勝てないので
チャートでのイメージを持つことが重要です


そしてまた、新しい最高値を作ると
最高値を作った押し安値は上に移動します
図で表すとこうなります


シグナル移動


この明確なシグナル(赤い線)を下抜けるまでは
ずっとアップトレンドが続くわけですから
最高値を更新続ける限りこのラインをずっと上にずらしながら
買いで狙っていくだけです


どうなったらエントリーを見送らないといけないのか?


「明確なシグナルのラインを抜けるまではトレンドは続く」
ということは

これらのシグナルが出たら、
トレンドフォロー手法のエントリーは見送るべきです


アップトレンドの時に

「最高値を作った押し安値」を下にレートが抜けたら
買いエントリーを見送り、相場がどうなるのか見守る

(レンジ・ダウントレンドへトレンド転換・アップトレンドに回帰)


このスタイルを決め込みましょう


これであなたは、
余分な負けを減らすことができます


トレンド転換で出ると厄介なY波動とは



実際には、Y波動といって
押し安値を下に抜けても今度は高値を上に更新してくる場合があります

(ダウントレンドは、この逆)


つまり
トレンド転換かと思いきや、
元のトレンドが継続、といった分かりにくい
波形が出現することがあります


画像で表すと
以下のような動きです




慣れないと
翻弄されてしまいますので


「こういった厄介なY波形というものがあるんだ」
という認識を持っておいていただくだけで良いと思います

どうして、明確なシグナルが発生するとトレンドが終わるのか?



では、どうして
「明確なシグナルが発生するのを注意していないといけないのか?」


それには
相場参加者の思惑が絡んでいます


動画で実践的な
お話を交えて、チャート解説をしていますので
こちらを観て復習をしてみてください

↓↓↓

「チャート解説 トレンドが出ている時に1本ラインを引くとしたら?」


もっと細かいことは色々ありますが
一度にたくさんは覚えられないと思いますので
今日はここまででおさらいして終わりにします


ダウ理論 まとめ

 

①トレンドフォローで狙いやすい相場と狙いにくい相場がある

②明確なシグナルのラインを抜けるまでは
トレンドは続く


③明確なシグナルを抜けたら、トレンドフォローのエントリーを見送る