FX 初心者

FX エントリーチャンスが少ない場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポチっと応援クリックを押してね➡
FX初心者ランキング  

「FXでトレ―ドの
エントリーチャンスが少ないんだけど、
どうしたらいいんだろう?」


こう悩む
トレーダーは意外に多いです


今日のブログでは
この疑問に答えていきますね


【動画】エントリーチャンスが少ない場合の対処法





実は私自身
スキャルピングをメインでトレ―ドしていますが
一日に何度もトレ―ドするわけではありません


それでも
自分では満足のいく利益を相場から得ています


最高のエントリーポイントなんて、ほんの少しだよ



相場状況にもよりますし
そもそも


相場には

優位性がある場所なんて
そんなに多くない

です


しかし

「エントリー回数が多ければ多いほど稼げるわけではない」ということは


トレード歴が長い方の中でも
理解していない方も多くいらっしゃいます


「え?エントリー回数が少ないなら、全然稼げないじゃん!」って
思った方や


エントリーチャンスが少なくて
悩んでいる方はゼヒ、参考にしてみてくださいね




結論から言うと、
エントリーチャンスが少ないからといって悩む必要はありません♪



まず始めに、
エントリー回数が少ない場合と多い場合の違いを
比較してみますね



エントリー回数が多い方が良いのか少ない方がいいのか?



当たり前ですが、
FXは「エントリー回数が多い→トレード収益が増える」
ではありません



むしろ
エントリー回数が多いと


スプレッド(手数料)を取られる回数が増えます


つまり、
余計な出費ですよね


ほかにも
エントリー回数が多いということは


ポジションを保有している時間が増えることになり、


これ自体は
とてもリスクを負っています


例えば、週末にエントリーをして
週が開けたら
レートが大きく飛んでいる時ありますよね?


「窓開け」といいます






週をまたいでポジションを保有すると
大きな窓がひらく可能性があり、それが
50pips以上になることもあります


通貨ペアによっては
もっと大きくなる場合もあります


ポジション保有中の時
思惑方向へ窓開けしてくれたら嬉しいですが
逆もありますよね?


損切り方向へ50ピプスとか、、、
死んじゃいそうですよね。。。


含み損がえらいことに!!




窓開け
以外にも


「〇〇ショック」というような、
大きな為替暴落も定期的に起こっています


過去の大暴落の
主な通貨ペアの下落率を見てみると・・・



(1)2008/10 リーマンショック


USDJPY

<月足>
106.3円(前月終値)→90.92円(当月終値)
-14.25%(下落率)


AUDJPY

<月足>
84.27円(前月終値)→55.15円(当月終値)
-34.56%(下落率)


GBPJPY

<月足>
189.03円(前月終値)→139.06(当月終値)
-26.43%(下落率)


AUDJPYの84円から55円って。。。
コアラ牧場からの~追証地獄を味わったあやにとったらムンクの叫びです!!


(2)2010/5 ギリシャショック


USDJPY

<月足>
93.83円(前月終値)→88円(当月終値)
-6.21%(下落率)


AUDJPY

<月足>
86.77円(前月終値)→71.91円(当月終値)
-17.13%(下落率)


GBPJPY

<月足>
143.29円(前月終値)→126.74(当月終値)
-11.55%(下落率)




いかがでしょうか?



その他、

2011/3 東日本大震災
2011/9 スイスショック
2012/5 スペイン危機
2015/8 チャイナショック
2016/1 世界同時株安
2016/11 トランプショック
2018/8 トルコショック


というように、
頻繁にこういった大暴落は起きています


買いポジションを持っている時に
こんな大暴落来てしまったら
あっという間に口座資金を溶かしますね💦


なので、
ポジションを持つこと=リスクを負っている状態


という認識をしっかりと持つようにしましょう


「私はスキャルピングだから10分くらいしか保有しないから大丈夫♪」
なんては言っていられないですよね


だって
いつ、大暴落が来るか分からないんだから。。。


ということで

■スプレッドを取られる回数が増える
■大暴落(通貨ペアによっては、大暴騰もありえます)などがあり、ポジションを持つこと自体リスク


という観点から、
エントリー回数が多い方が必ずしもいいというわけではないことが
お分かりいただけたと思います



そういえば
こないだのコンサルで


「FX始めたとたんに、リーマンショックで爆死しました!!(えっへん)」
という方がいましたね


買いポジション
思いっきり、持ってかれたとか💦



それでもやっぱり

「エントリーチャンスが少な過ぎ。
せめてあと少しエントリーできたらいいなぁ。」

という悩みがあるかもしれませんね


ではそんな時、
どうすればいいのでしょうか?


私が思いつく、対処を順に
説明していきますね


エントリーチャンスが少ない場合の対処法1 違う時間足で執行してみる

 


あなたは現在、
どの時間足で執行していますか?


例えば
1時間足チャートを見ながら
エントリーをしているとしたら、


エントリーチャンスはなかなか来ないかもしれません


4時間足、日足などでエントリーしているなら
もっともっと、エントリーチャンスは少ないですよね



どの時間足でトレードしていても、

「もうすぐでエントリーできそうだな」
と監視をし始めてから


「あーこの足ではまだ入れないなー。次の足で来るかなー」
ってさんざん待ったあげく

結局はエントリー条件にならずに
行ってしまった。。。





なんてことも多いと思いますが


それが、1時間足や日足レベルだと
もう、気が遠くなりますね(汗)


それなら
もう一つ下の時間足で執行してみてはいかがでしょうか?




1時間足でエントリーしているのなら、
30分足チャートや15分足チャートでエントリーしてみるという具合です


相場というのはフラクタルなので
基本的にどの時間足でも同じような動きが起こっています


大きな時間足のチャートの一部分を拡大すると
もう少し小さな時間足チャートの大部分になります


そしてその小さな時間足の方にも
同じような値動きやチャートパターンが現れます
(拡大された形で・・・)


これが、フラクタル構造と言われるものです





つまり、
それぞれの時間軸のチャートは、
そのスケール(拡大率)が違うだけで、値動き自体は同じようなものなのです


違いは、その値動きができる「時間の長さ」なので
結局はどの時間足でトレードしても一緒です


こういった、
フラクタルを考えれば
今1時間足でトレードしているなら


15分足や30分足で
トレードしても良いのです


1時間でトレードしていた時よりは
遥かにエントリーチャンスが増えます


例外的に
「その時間足の特性」を利用した手法もありますので
その場合は使えませんが、


まずは
もう少し小さな時間足チャートでも
「同じような(もしくはそれ以上の)成績を出せるのか?」を


検証してみるといいですね



もし、小さな時間足でトレードしても
成績が良ければ



以前やっていた時間足でもトレードをして、
今回検証をして成績が良かったもう少し短い時間足でもトレ―ドをする


こうやって
2つの時間足でトレードすると
エントリーチャンスはかなり増えるはずです



商材を買ったからといって
なにも必ずその通りにトレードしないといけないわけじゃないです


どんどん
改良していきましょう!


エントリーチャンスが少ない場合の対処法2 違うタイプの手法も取り入れる



相場は
トレンドとレンジで構成されています


今現在
あなたがやっているのは


トレンドフォロー・逆張り・トレンド転換場面
どれを狙っていますか?



もし仮に、トレンドフォローをやっているとしたら
当たり前ですが
トレンドが出ていないとエントリーチャンスは来ないですよね


レンジ相場の時は、することなし!!





細かいことを言えば、
小さな時間足にしてエントリーしていくことも可能ですが
その話はまたの機会にしますね


そして逆に、レンジ相場の逆張りでトレードしている場合は
トレンドが来てしまったら当分、エントリーチャンスは無いです


このようなことを考えると
どの相場でもエントリーチャンスがあるようにするには、


レンジ用の手法
トレンド用の手法

この2つを使えるようにしておくと良いです


さらに欲を言えば
トレンドからレンジ、レンジからトレンドに移行する
「トレンド転換場面」用の手法もできるようになると良いですが、


ここまでする必要はないと
個人的には思います


1つも勝てる手法がない場合は、


【まずは1つの手法を極めること】
ここが重要なので、


エントリーチャンスうんぬんよりも


「トレンドが来たら、こっちのもの♪」
だとか
「レンジなら、俺に任せろ♪」


こんな感じになってからの
応用として、


■レンジ
■トレンド
■トレンド転換

それぞれの相場にあった手法も取り入れるようにすると
エントリーチャンスが増えますので参考にしてみてね


エントリーチャンスが少ない場合の対処法3 トレードする通貨ペアを増やす



その他のエントリーチャンスを増やす方法として
トレードする通貨ペアを増やすのも良い方法ですね


今は
■USDJPY
■GBPJPY
■EURJPY

でしかトレ―ドしていないという場合は、

他のメジャー通貨である
■GBPUSD
■EURUSD
■AUDUSD
■AUDJPY

も入れてみる


もっと入れるなら、
AUDと似たような動きをするNZDの

■NZDJPY
■NZDUSD


もおススメです


最初に3通貨ペアでやっていたものを
9通貨ペアに増やしたので
エントリーチャンスは確実に増えますよね





単純計算で
3倍とまでは行きませんが(笑)


普段やっていない通貨ペアでトレードをする時も
この通貨ペアはどんな動きをしやすいのかな?
という検証をしてみてください


過去チャートをざっくり眺めてみても
分かりやすい特徴が出ている通貨ペアもあります


特に、GBPやNZD、AUDなんていうのは
分かりやすい動きをしてくれますので
暇な時にでもチャートを見てみるのも面白いですよ♪


エントリーチャンスが少ない場合の対処法4 利確をもう少し伸ばして獲得ピプスを伸ばす



次の対処法は、1トレ―ドごとの
獲得ピプスを増やしてみるということです


エントリーチャンスが少なくても
最終的に、資金がたくさん増えていればよいわけですから


それなら、
獲得ピプスを伸ばすというのもアリですよね?


つまり
「利確位置をもう少し遠くに置いてみる」



かと言って、あまり欲張ると
利確しそびれるといけないので


少しずつ
意味のある所で利確する練習をしていきましょう


ここでの注意点としては
勝率ばかりを考えないことです


利を伸ばすわけですから
当然、勝率は落ちると思った方がいいです


なので、
勝率と、獲得ピプスのバランスをみながら検証する
ということになりますね


「勝率は前より5%落ちたけれど、
月間獲得ピプスは10%上がった」

となれば、
そちらの方を採用してもいいですね




エントリーチャンスが少ない場合の対処法5 ロットで解決!



もしあなたが普段やっている手法がPF1.3以上の
勝てる手法だったとしたら

エントリーチャンスが少ないことで
悩む必要はありません



なぜなら
ロットで解決することができるからです


FXというのは便利でして
レバレッジを効かせることができます


そもそも勝てる手法がない人が
このレバレッジを使うと、破産の1択しかないので
使ってはダメですが


勝てる手法があるのなら
レバレッジはあなたの強い味方になるはずです


同じトレードをするのにレバのかけ方で
トレード収益は大きく変わります


具体的に例を出しますと

■1ロットでUSDJPYのトレードをして、1万円の利益

■3ロットで同じくUSDJPYのトレードで、3万円の利益


ロットを3倍にしただけで
利益が1万円から3万円になります


同じ労力なら
レバレッジを利用して、効率よく資金を増やすのもコツです


しかし注意点としては
資金が減るときも大きくなりますので
先ほど書きましたように、必ず


勝てる手法を手にしてから、
こちらの方法は採用してみてくださいね


エントリーチャンスが少ない場合の対処法 まとめ



FXでポジションを持つということは
リスクを負うことと同じです


トレード回数を増やせば増やすほど
損をするリスクも高まります


無理にエントリーをする必要もないですので
引き続き


「精度の高いトレ―ドをする」
ここに焦点をおいていきましょう




関連記事:同時にエントリーチャンスが来たときはどうすればいい?

関連記事:通貨選択は重要なので攻略しよう|チャート説明

関連記事:どの時間に使えるロジックなのか?








あやのFXメルマガ

私のFX回顧録を交えながら、どうやったら勝てるようになるのか?を
実体験をもとにFXのコツやノウハウなどをシェアしています。


1日3分、気楽にまったり読んでもらえたらいいな♪
登録は下のお手紙画像をクリックして、登録フォームに入力後、送信ボタンを押してね

FX メルマガブログ



<FX動画> 「あやFX」

FXの動画も撮っていますので、良かったらみてね
   ↓↓↓ 







いつも応援ありがとうございます

何か参考になりましたら、下の応援ボタンをクリックお願いします。
   ↓↓↓ 
FX人気ランキング
FX初心者 ブログランキングへ



« »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. 堀尾 より:

    あや様 大変参考になりました。まずは、トレンドとレンジの手法を身につけてみます。

    1. あや より:

      堀尾さん

      コメントありがとうございます

      トレンド手法とレンジ手法
      好みもありますが

      試せるところから
      1つずつやってみてくださいね☆

  2. ぶらと より:

    久しぶりにコメントします。ぶらとです( ゚ー゚)

    あやさん元気ですか?

    「精度の高いトレードをする」この言葉が心に響きました。

    「精度の高いトレードをする」=「自分が勝てるマイルールを厳守する」と思いました。

    あやさんいつもブログやメルマガ忙しい中、作成してくれてありがとうございます(*^_^*)

    1. あや より:

      ぶらとさん

      お久しぶりです
      以前の「あや大会」の優勝者♪ということで名古屋でデートしたね♪
      しばらく更新していなかったのに、こうしてコメント下さって、嬉しいです

      はい、元気ですよー
      今はバスケにハマり、トレードに関しては手法はずっと同じものをやっています
      (スキャル&スイング)

      ぶらとさんもお元気ですか?


      記事の中の「精度の高いトレードをする」

      私はトレードで大切なことというのは
      やっぱり、ココなんじゃないかと思っているんです

      ”生半可な気持ちではなく、
      真摯に相場と向き合ってその恩恵として
      利益を得る”

      ぶらとさんのおっしゃる通り、
      「自分が勝てるマイルールを厳守する」
      まさにそうですね

      1. ぶらと より:

        はい、元気です(^-^)まだ自分のFXトレードに満足してないので、日々鍛練をつんでいます。

        あやさん元気で良かったです。これから梅雨があけたら、暑くなると思うので無理なさらずマイペースで日々お過ごしください(。・ω・。)

        1. あや より:

          ぶらとさん

          コメントありがとうございます

          現状に満足することなく
          常に前を向いて無二無三に学ぶ姿勢、カッコイイですね!

          これからも応援しています♪

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)