トレードプラン・環境認識

水平線の種類を見分けてトレードに生かす

水平線は


どれも同じくらいの強さでもないし
どれも上昇も下落も止めるのかというと
そうでもないです


例えば ポン円
164.114円の水平線













上昇4回(急騰も止めてる)
下落2回しか止めてない(どちらも微反発)


こういう場合は


上昇の時は止まりやすく
下落は反発しにくい水平線とも考えられます


そもそも
この水平線、効いているの?って思った場合は
下のチャートを見てみて



ね?
ちゃんと下位足でとめられているよね


なので
効いていると判断してOKです(*^-^*)


ということで
この後


164.114円までローソク足が上昇してきたら
反発して下落するのかを監視ですね

あやのFXメルマガ

私のFX回顧録を交えながら、どうやったら勝てるようになるのか?を
実体験をもとにFXのコツやノウハウなどをシェアしています。

また、検証の手順や、手法、資金管理、メンタル制御の仕方についても順番にお伝えしています。

セミナーや懇親会、イベントなどなど、読者さん同士の交流もありますので、
トレーダー仲間が欲しい方はどうぞ☆彡

メルマガ登録後、毎日届きます。
このメルマガを読んで頂ければFX塾なんて行かなくても無料できちんと基礎から学ぶことができます☆


登録は下のお手紙画像をクリックして、登録フォームに入力後、送信ボタンを押してください。すぐに1通目のメルマガが届きます。







<FX動画> 「あやFX」

FXの動画も撮っていますので、良かったらみてね
   ↓↓↓ 


« »

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)